英検1級に合格!無料サービスを使ったライティング対策

英検1級をこれから勉強しようと思っている方,対策中の皆様ようこそ。

英検1級でネックとなるのがライティングだったりします。ライティングの対策方法は他のブログでも散々紹介されています。

しかし,ここではわこう流の無料サービスGrammarlyとLang-8を駆使した対策方法とその他に実践した対策を紹介したいと思います。

実践したこと

まず始めに私が実践した2つの対策を紹介します。

出題されるトピックの把握

これから英検1級を受けようと思っている方は,過去にどのようなトピックが出題されたかご存知でしょうか。また,傾向としてどのような分野で,どのようなトピックが出題されるか分析しているでしょうか。

まだしていなければ,過去問を研究して私なりに分類して傾向を把握しておきましょう。

せっかくなので私が整理した一部だけを紹介します。分野の振り分けは自己流なのでツッコミどころがあるかと思います。

グローバル化
2013-1 Do multinational corporations play a positive role in today’s world?
2014-1 Do the benefits of free trade outweigh the disadvantages?
2017-3 Should Japan rethink its relationship with the United States?

環境,資源,燃料
2012-1 Can the global demand for water be met in the future?
2014-2 Can the global food supply be ensured in the coming decades?
2015-3 Will fossil fuels such as oil and gas still be the world’s main source of energy in the coming decades?

法整備
2009-3 Gambling should be banned.
2010-3 Are prisons an effective way to deal with criminals?
2016-3 Should the death penalty be banned in Japan?

この他にも世界平和・戦争・核,科学技術・研究,貧困・移民,教育,スポーツなどなど出題されています。

知識をつける

さて,出題されるトピックの一部をご覧いただきましたが,いかがでしょうか。短時間で3つの理由を構成して英作文できそうなトピックはどのくらいあったでしょうか。

明らかに背景知識や時事問題への関心がないと書けない問題があったはずです。ここでは,時事問題の知識を浅く広く身につけられるサイトを一つ紹介します。それはNHKの就活応援ニュースゼミ 時事問題マスターです。

就活生向けに書かれている解説サイトですが,読み手が何もわからないことを前提に書かれているのでかなりわかりやすいです。必ず読んでください。

もう一つ行ってほしいことは,時事問題マスターで読んだ内容に関連するニュースを英語で読むことです。そうすることで,そこで使われている単語や表現が理解できると思います。それらをライティングで使えるようにしましょう。

正しい文法で書く練習

どのようなトピック・分野が出題されるか分かり,それに関する知識と単語がわかる。次のステップはそれらを利用して作文する力です。

私がおすすめするのはGrammarlyとLang-8です。Grammarlyは英文添削サービスで機械で英文のミスをチェックしてくれます。Lang-8は言語学習のためのコミュニティサイトでネイティブのボランティアが添削してくれます。

おすすめは,英作文をした後にGrammarlyで機械的に単純な文法のミスや冠詞のミスなどを取り除き,その後にLang-8でネイティブに添削してもらうことです。

どんな感じで使うのか一例を載せておきます。これは核の使用について書いたものだったと思います。

Grammarlyの例

見ての通り主語”Japan”に対する動詞がexportsになるべきどころが (三人称単数現在)exportになっている単純なミスですね。他にもIn additionは冗長だからAlsoに直したら?など機械的な指摘をしてくれます。

Lang-8の例

これはネイティブがコメント付きで添削してくれた例です。このように細かい解説をつけてくれることもあります。ここで指摘してもらったのは,日本語では「核(原子力)を使って発電」はおかしく聞こえませんが,英語のnuclearは形容詞で原子力の意味では使えないと教えてくれました。

Grammarly → Lang-8の順番で添削をするのが良いです。

ちなみにLang-8はプレミアムプランがあり,加入すると高確率で添削を受けることができます。(誰も添削してくれないこともあるんです!!!)逆に,無料プランだと添削してくれなかったり,添削がつくまで時間がかかったりします。

やらなくて後悔していること

上記の私流の対策をした結果,英検1級のライティングのスコアは66点でした。合格はしたものの点数は低い。原因を分析した結果おそらく以下の2つが考えらます。

長期間の情報収集

英検1級のライティングでは,あるトピックに対して3つの理由を書く必要があります。書けるネタが少ないと,それぞれの理由で似たようなことを書いてしまいます。

なので上記した時事問題マスター等での情報収集をより長期間やるべきだったと反省しています。

文法表現の拡大

Grammarly+Lang-8の訓練を経て,ミスの少ない英文を書けるようになったのは間違いありません。しかし,文法の豊富さ(バラエティ)のような項目で減点されていました。

つまり正確には書けているが,単調な文法表現を繰り返しているということだと思います。

これは私の書ける文法のみで練習していたからだと考えられます。したがって,これから受験する皆さんには,ライティングの対策書のようなものを購入して模範解答で使用されている表現を真似して自分のものにする訓練をしてほしいと思います。

以上ですが,何かより知りたいことがあれば個人的にコンタクトを取って頂ければ対応します。

英検1級の面接対策はダルい!Webサービスで解決したい

英検1級の1次試験に合格すると,次に待っているのが2次対策。

1次試験が終わった開放感に浸っていると2次対策なんてしない。

そうすると,結果発表から2次試験までは2週間程度しかない。で,対策を始めて見るとこれがダルい・・・・。

2次対策がダルい4つの理由

模範解答が難しすぎる

多くの人は2次対策用に何かしら対策本を購入するかと思います。私はこれを買いました。

【CD+DVD付】14日でできる! 英検1級 二次試験・面接 完全予想問題 (旺文社英検書)

トピックは標準的なものでしたが模範解答が難しすぎました。いや・・・。お前超人ネイティブかよ。

使われている単語のレベルも内容も,1分の準備では思いつかないようなものばかりです。

練習問題の数が少なすぎる

上で紹介した本には練習問題が14問しかありません。浅く広くカバーしているので,本番で少し外れた問題が来たらちょっと対応できないかも知れません。

「初めて見る問題で焦る→準備する→なんとか話す」。このフローが結構大事なのではないかと個人的には考えています。

問題を出してくれる人がいない

一人で練習していれば当たり前です。模擬面接をしようと思っても自分で問題を選ぶということは出題内容がわかっています。意味がありません。

まぁこれはなんとか対策できます。複数のサイトから問題になりそうなサンプル問題を集めてきて,無作為にで5問ピックアップ。

スプレッドシートで簡単にできるけど面倒。あ,それに時間も自分で計測しないといけないし。

出題内容に関して知識がない

5問選択肢があれば一つくらいは前提知識なしで対応できる問題があるかと思います。または自分の得意(専攻)分野であればその方に誘導すればいいと思います。

しかし,問題なのは選択肢の中に自分の対応できる問題がなさそうな時。焦る。

だって,働き方,若者の価値観,民営化のメリット・デメリット,インターネットの検閲,共通通貨の是非,国際情勢,オリンピックの主催・・・・・。

いや,日本語でも2分スピーチできるかぁ?

まとめ → 解決策

  • 模範解答が難しい → 簡単な模範解答を作る
  • 練習問題が少ない → 問題を大量に作る
  • 問題を出してくれる人がいない → 出題を自動化する
  • 内容に関して知識がない → 最低限の時事知識をまとめる
  • 時間を測ってくれる人がいない → 時間を自動で測る

Webサービス化する

この不満はチャンスなのかもしれません。抱えている課題も把握できているし,解決策も思いついている。じゃぁアイディアを形にするだけで良い。

以下は完成イメージで実装は全然してません。

5つの問題を自動で適当に(分野の偏りがなく)選んで表示する。制限時間の1分を計測し,問題を選択する。

問題を選択すると,5つの適当な質問をしてくれる。

難しすぎない模範解答を表示。時事問題なら必要な知識を簡単に提供する。

あれ,これバーチャル英検じゃん。

これ作りきれるかな・・・・

多分インターフェイスもこだわらなければ適当なhtml, css, javascriptあたりでサンプルコピーしまくれば形にはなりそう。

問題と質問と模範解答のDBも別にそんなに複雑じゃないし。

あ,あとは模範解答作りそのものをやらないといけない。時事問題のまとめを提供するのも自分がまず勉強しないと行けないな。

英語のライティングが不自由なくできて,プログラミングも多少できる人いないかな。。。。

ちょっと作った

https://twitter.com/rinehart613/status/1206434073754734593

雑記帳を開設

雑記帳を作りました。

いかにもアフィリエイターが使いそうなテンプレートを適応してみましたが,ただの公開メモ帳です。

もちろん毎日更新なんて絶対にしません!

その時思いついたことや,(自分のモットーである)誰かの役に立ちそうな情報,自分がメモしたいことをこのブログに蓄積していきます。

なぜ突然こんなことを・・・。わざわざドメイン(wkrn.org)を取って,VPSまでレンタルして・・・。

実は表向きには公開していませんが,内輪向けに作ったツールを公開するために確保しました。このブログは余っているリソースの有効活用です。

VPSを借りて維持していくのは正直面倒でお金も少なからずかかります。その反面,勉強になることは多いです。

例えば,普段触らないLinuxのコマンドやセキュリティの復習になること,日々少しずつ変化する技術に触れられることなどなどです。

このように自分を常に勉強しなければならない環境に置くのも悪くないなと思って始めてみた次第です。

投稿内容

普通は発信したいことがあって媒体を作りますが,媒体を作ったから発信するのです。媒体を作ったからには何かここで発信しなければなりません。

仕方ないので何か書きます。現段階で,大きく分けて4つの項目について雑記する予定です。

①英語学習

自分の専攻とは別に英語をオンアンドオフで勉強しています。2019年の10月には独学で英検1級を取得しました。

その経験から英語学習の戦略や,具体的な学習方法について書きます。また,英検1級取得後に何ができるかも探求していきたいなと思っています。

②技術メモ

実は普通の人よりちょっとだけコンピュータに関心があります。暇を見つけて何かプログラミングで制作したり,資格を受けたりするのでそのあたりを簡単にまとめます。

また,技術系ブログでよくあるトラブルシューティングなんかも調子に乗ってかきますよ?

③お金

2020年から本当に少額から投資(ちょっと得する貯蓄)のようなことをしたいなと考えていたので,ここを学習のアウトプットと記録の場にします。

④日記

自分の頭の中にあるどうでもいいことを整理する場所。

本当に書き続けられるかわからないので,10記事以上の下書きが溜まってからブログを公開します。

この投稿を見られているということは,10記事以上溜まっていますので,良いスタートを切れているのだと思います。