「英検1級バーチャル面接アプリ」ひとまず完成

下記の記事での紹介した「英検1級バーチャル面接アプリ」を開発中です。

2019年の12月末に最小限の機能は実装が終了して,とりあえず使える状態になったので早速公開しました。とりあえず動く状態です。細かいところやデザインは全然醜いです。

この記事では簡単に使い方の流れと面倒だった部分(こだわり)を紹介します。

使い方&こだわり

アクセスするとこの画面が出てきます。「START」を押すとトピックが5題取得されます。

トピックの取得には理由もなく非同期処理を使ってみました。アクセスするときにトピックも同時に取得したっていいのにわざわざ。

この取得されるトピックの組み合わせにも少しこだわりがあります。5つのトピックはそれぞ異なったカテゴリから出題されるようになっています。

過去問を300題くらい集めて,手作業で20カテゴリをそれぞれのトピックにタグ付けしました。正直この作業が一番しんどかった。

1分の間にスピーチに使うトピックを選択します。

後は緑のボタンで質問を進めていくだけ。

質問がすべて終わると回答例ページに飛びます。選択したトピック,聞かれた質問,回答例が表示されます。

回答例の下には関連したトピックが表示されます。これは手作業でカテゴリのタグ付をしたトピックの関連度が高いものから表示しています。

これから

最短で動作する環境は整えましたが,質問と回答例のサンプルを全然用意できていません。もっと増やして少しずつ育てていきたいと思ってます。

もちろんお金を出して外注して書いてもらうこともできますが,無料サービスにまだそこまでできないかな・・・。

もう一つ。作るばっかり作ってこれを必要な人にどうやってリーチするかということを考えていなかったこと。これをカタカナで言うマーケティングというらしい。やっぱり一番は検索で流入してくれることなんだけど,特定のキーワードで上位に表示されるのは難しそう。

兎にも角にも,質が良くて勉強中の人の役に立つ回答例や質問をどんどん更新していけば,自然と検索も上位に表示されるのかな?

この辺はSEOの仕組みと一緒に少しずつ勉強していかないといけません。この辺は勉強の過程もまとめて記事にしようと思います。

協力者募集

英語で回答例を書いてくれる方,またはWebの方の開発を手伝ってくれる方がいれば大歓迎です。もちろん両方できる必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です