「英検1級バーチャル面接アプリ」ひとまず完成

下記の記事での紹介した「英検1級バーチャル面接アプリ」を開発中です。

2019年の12月末に最小限の機能は実装が終了して,とりあえず使える状態になったので早速公開しました。とりあえず動く状態です。細かいところやデザインは全然醜いです。

この記事では簡単に使い方の流れと面倒だった部分(こだわり)を紹介します。

使い方&こだわり

アクセスするとこの画面が出てきます。「START」を押すとトピックが5題取得されます。

トピックの取得には理由もなく非同期処理を使ってみました。アクセスするときにトピックも同時に取得したっていいのにわざわざ。

この取得されるトピックの組み合わせにも少しこだわりがあります。5つのトピックはそれぞ異なったカテゴリから出題されるようになっています。

過去問を300題くらい集めて,手作業で20カテゴリをそれぞれのトピックにタグ付けしました。正直この作業が一番しんどかった。

1分の間にスピーチに使うトピックを選択します。

後は緑のボタンで質問を進めていくだけ。

質問がすべて終わると回答例ページに飛びます。選択したトピック,聞かれた質問,回答例が表示されます。

回答例の下には関連したトピックが表示されます。これは手作業でカテゴリのタグ付をしたトピックの関連度が高いものから表示しています。

これから

最短で動作する環境は整えましたが,質問と回答例のサンプルを全然用意できていません。もっと増やして少しずつ育てていきたいと思ってます。

もちろんお金を出して外注して書いてもらうこともできますが,無料サービスにまだそこまでできないかな・・・。

もう一つ。作るばっかり作ってこれを必要な人にどうやってリーチするかということを考えていなかったこと。これをカタカナで言うマーケティングというらしい。やっぱり一番は検索で流入してくれることなんだけど,特定のキーワードで上位に表示されるのは難しそう。

兎にも角にも,質が良くて勉強中の人の役に立つ回答例や質問をどんどん更新していけば,自然と検索も上位に表示されるのかな?

この辺はSEOの仕組みと一緒に少しずつ勉強していかないといけません。この辺は勉強の過程もまとめて記事にしようと思います。

協力者募集

英語で回答例を書いてくれる方,またはWebの方の開発を手伝ってくれる方がいれば大歓迎です。もちろん両方できる必要はありません。

英検1級の面接対策はダルい!Webサービスで解決したい

英検1級の1次試験に合格すると,次に待っているのが2次対策。

1次試験が終わった開放感に浸っていると2次対策なんてしない。

そうすると,結果発表から2次試験までは2週間程度しかない。で,対策を始めて見るとこれがダルい・・・・。

2次対策がダルい4つの理由

模範解答が難しすぎる

多くの人は2次対策用に何かしら対策本を購入するかと思います。私はこれを買いました。

【CD+DVD付】14日でできる! 英検1級 二次試験・面接 完全予想問題 (旺文社英検書)

トピックは標準的なものでしたが模範解答が難しすぎました。いや・・・。お前超人ネイティブかよ。

使われている単語のレベルも内容も,1分の準備では思いつかないようなものばかりです。

練習問題の数が少なすぎる

上で紹介した本には練習問題が14問しかありません。浅く広くカバーしているので,本番で少し外れた問題が来たらちょっと対応できないかも知れません。

「初めて見る問題で焦る→準備する→なんとか話す」。このフローが結構大事なのではないかと個人的には考えています。

問題を出してくれる人がいない

一人で練習していれば当たり前です。模擬面接をしようと思っても自分で問題を選ぶということは出題内容がわかっています。意味がありません。

まぁこれはなんとか対策できます。複数のサイトから問題になりそうなサンプル問題を集めてきて,無作為にで5問ピックアップ。

スプレッドシートで簡単にできるけど面倒。あ,それに時間も自分で計測しないといけないし。

出題内容に関して知識がない

5問選択肢があれば一つくらいは前提知識なしで対応できる問題があるかと思います。または自分の得意(専攻)分野であればその方に誘導すればいいと思います。

しかし,問題なのは選択肢の中に自分の対応できる問題がなさそうな時。焦る。

だって,働き方,若者の価値観,民営化のメリット・デメリット,インターネットの検閲,共通通貨の是非,国際情勢,オリンピックの主催・・・・・。

いや,日本語でも2分スピーチできるかぁ?

まとめ → 解決策

  • 模範解答が難しい → 簡単な模範解答を作る
  • 練習問題が少ない → 問題を大量に作る
  • 問題を出してくれる人がいない → 出題を自動化する
  • 内容に関して知識がない → 最低限の時事知識をまとめる
  • 時間を測ってくれる人がいない → 時間を自動で測る

Webサービス化する

この不満はチャンスなのかもしれません。抱えている課題も把握できているし,解決策も思いついている。じゃぁアイディアを形にするだけで良い。

以下は完成イメージで実装は全然してません。

5つの問題を自動で適当に(分野の偏りがなく)選んで表示する。制限時間の1分を計測し,問題を選択する。

問題を選択すると,5つの適当な質問をしてくれる。

難しすぎない模範解答を表示。時事問題なら必要な知識を簡単に提供する。

あれ,これバーチャル英検じゃん。

これ作りきれるかな・・・・

多分インターフェイスもこだわらなければ適当なhtml, css, javascriptあたりでサンプルコピーしまくれば形にはなりそう。

問題と質問と模範解答のDBも別にそんなに複雑じゃないし。

あ,あとは模範解答作りそのものをやらないといけない。時事問題のまとめを提供するのも自分がまず勉強しないと行けないな。

英語のライティングが不自由なくできて,プログラミングも多少できる人いないかな。。。。

ちょっと作った

https://twitter.com/rinehart613/status/1206434073754734593