「英検1級バーチャル面接アプリ」ひとまず完成

下記の記事での紹介した「英検1級バーチャル面接アプリ」を開発中です。

2019年の12月末に最小限の機能は実装が終了して,とりあえず使える状態になったので早速公開しました。とりあえず動く状態です。細かいところやデザインは全然醜いです。

この記事では簡単に使い方の流れと面倒だった部分(こだわり)を紹介します。

使い方&こだわり

アクセスするとこの画面が出てきます。「START」を押すとトピックが5題取得されます。

トピックの取得には理由もなく非同期処理を使ってみました。アクセスするときにトピックも同時に取得したっていいのにわざわざ。

この取得されるトピックの組み合わせにも少しこだわりがあります。5つのトピックはそれぞ異なったカテゴリから出題されるようになっています。

過去問を300題くらい集めて,手作業で20カテゴリをそれぞれのトピックにタグ付けしました。正直この作業が一番しんどかった。

1分の間にスピーチに使うトピックを選択します。

後は緑のボタンで質問を進めていくだけ。

質問がすべて終わると回答例ページに飛びます。選択したトピック,聞かれた質問,回答例が表示されます。

回答例の下には関連したトピックが表示されます。これは手作業でカテゴリのタグ付をしたトピックの関連度が高いものから表示しています。

これから

最短で動作する環境は整えましたが,質問と回答例のサンプルを全然用意できていません。もっと増やして少しずつ育てていきたいと思ってます。

もちろんお金を出して外注して書いてもらうこともできますが,無料サービスにまだそこまでできないかな・・・。

もう一つ。作るばっかり作ってこれを必要な人にどうやってリーチするかということを考えていなかったこと。これをカタカナで言うマーケティングというらしい。やっぱり一番は検索で流入してくれることなんだけど,特定のキーワードで上位に表示されるのは難しそう。

兎にも角にも,質が良くて勉強中の人の役に立つ回答例や質問をどんどん更新していけば,自然と検索も上位に表示されるのかな?

この辺はSEOの仕組みと一緒に少しずつ勉強していかないといけません。この辺は勉強の過程もまとめて記事にしようと思います。

協力者募集

英語で回答例を書いてくれる方,またはWebの方の開発を手伝ってくれる方がいれば大歓迎です。もちろん両方できる必要はありません。

英検1級に6ヶ月で合格!長期スケジュールを大公開

これから英検1級の勉強を始めたいけど,全体のスケジュール感がわからん!

そう疑問に思っている人が絶対いるはずです。結論,6ヶ月あれば合格できます

この記事では私の体験に基づいた全体的なスケジュールを共有したいと思います。詳しい学習法などは別記事にまとめる予定なので,ぜひそちらをご覧ください。

前提条件

私が勉強を始めたのは2019年3月末で試験の約6ヶ月前。その時点で英検準1級,TOEIC875点を取得していました。したがって,最低限の単語力,文法の知識,ライティング力を有していました。

まだ,英検準1級に合格していない,または受験していない方は,準1級の合格を最初に目指すのが良いでしょう。

具体的なスケジュール

それでは実際に具体的なスケジュールを公開します。

学習内容は大きく分けて,①単語対策,②ライティング対策,③過去問対策の3つです。それぞれ解説していきます。

①単語対策

単語(語彙)対策は英検1級の主軸になる部分です。対策には多くの時間と忍耐が必要です。私の場合は6ヶ月前から試験当日までの約194日間,1日1時間,毎日休まずに単語帳を回し続けました。

その結果,出る順の2400単語を約9割暗記することに成功し,試験の語彙パートでは7割正解することができました。単語帳を完璧に仕上げても10割は正解できないので,この程度で良いと思います。

②ライティング対策

ライティングは4ヶ月前から,11トピック分を2ヶ月程度で行いました。英検1級で出題されるトピックは政治,環境問題,研究・技術,教育,移民・貧困,核,医療,スポーツなど嫌になるほど多岐にわたります。

ライティング対策では,これからのトピックをむらなく練習し,どの分野のトピックが出題されても何かしら書ける練習をすると良いと思います。また,短い時間で与えられたトピックについて構成を考える訓練も有効です。

ライティング対策の詳細は別記事を参照してください。

③過去問対策

過去問に手を出すのは早くても3ヶ月前で良いでしょう。焦ってそれより早くやり始める必要はありません。

基礎が固まっていない状態で過去問を説いても解ける問題が少なく,精神的にダメージを受けるだけです。また,一度問題に目を通してしまうと問題を覚えてしまい2週目は勉強にならなくなってしまうので注意が必要です。

スケジュールの図には7回分ときましたが,最後の一回は試験前日の土曜日に,体を慣れさせるために解いただけなので,対策と呼べるかは微妙です。

やらずに後悔していること

偉そうに私のスケジュールを紹介しましたが,ギリギリ合格でした。もちろん改善の余地があります。

ライティングのための知識形成

ライティングでは時事問題などの背景知識が必要なトピックが出題されることがあります。ご存知の通り,英検1級のライティングでは理由を3つ挙げなければいけません。

そのため,ライティング対策を始める前に時事問題などの知識をつける対策しておけばよかったと後悔しています。

長文読解のための語彙対策

語彙パートの対策は,単語帳を回しておけば問題ありません。しかし,単語帳だけでは長文に出てくるような単語や表現は理解できません。もちろん,長文は全体の60-70%を理解できれば解答できますが,長文用の単語や表現を身に着けておけばよかったと後悔しています。

英検1級語彙・イディオム問題500 などを買って対策しておきべきだったかもしれません。

したがって,下記のスケジュールが本当であれば理想的なのです。

最後に

これはそこそこ高度な資格試験に共通して言えることがですが,前日の詰め込みでどうにかなるような物ではありません。まず自分の今のレベルを知り学習のスケジュールと戦略を考えましょう!

英検1級に合格!語彙対策に必要な時間は216時間!

英検1級合格に欠かせないのが単語の学習です。多くの人は出る順パス単を使って対策するかと思います。

しかし,一人で暗記作業をしていると「このペースで学習を続けて試験までに単語帳を覚えきれるのだろうか。後どのくらい勉強すりゃいいんだ~~~???」と不安になってくるはず。

私もその一人でした。ですので,この記事では私の体験談を基に単語学習に必要な時間を紹介します。

結果だけ知りたい人のために結論をいうと・・・

英検1級出る順パス単を100%暗記するのには最低でも216時間

つまり6ヶ月で合格しようとしているのであれば1日に1時間20分は勉強してください。

さて,どのようにこの時間が導かれるのか気になった好奇心旺盛な人のために,私の学習記録も公開しながら解説したいと思います。

ランダムチェックの実施

私が英検1級の単語学習をしているとき,上に記したような不安を抱いていました。学習にかかる時間が全く予想できなかったのです。

そこで,暗記したはずの単語が本当はどのくらい暗記できているのか単語をランダムに抽出してか日々テストしていました。

なぜランダムチェックを行ったのか

繰り返しになりますが覚えた単語にチェックをつけているとその単語を覚えた気になるかも知れませんが,実際のところわかりません。

もしかしたら,単語帳の並びや場所で覚えているかも知れませんし,時間が経ってすでに忘れているかも知れません。

したがって,突然ランダムに単語を出されたときに,どのくらい記憶できているか確認する必要があります。

どのように行ったのか

方法は至って簡単です。出る順パス単は単語と熟語をあわせて2400語あるので,スプレッドシートやExcelで無作為に1~2400の数字を出します。

このとき,ばらつき無く番号が排出されるように少しだけ工夫をします。

これは一つの方法ですが,先頭と語尾を決めて,その間から一つ数字を選ぶ関数( RANDBETWEEN)などを使うと便利です。

ここでポイントですが,より本番に近づけるために単語番号1~2100から20問(単語),2101~2400から5問(熟語)出すようにします。(英検の大問1と同じ構成)

150日目(6ヶ月目)から毎日番号を生成して,自分が覚えているかどうか記録していき正答率を計算します。

どんな結果がでたか

結果は以下のようになりました。赤で示しているのはその日の正答率で,青は5日平均です。

赤い線だけだと変化が激しく傾向が読みにくいですが,青い線を見るとトレンドがある程度読めるかと思います。

150日(5ヶ月)経過時点で,全体の約6割を暗記できています。170日目(5ヶ月半)あたりから8割程度に近づきます。180日(6ヶ月)で約9割覚えることが出てきいます。

ここから何が言えるのか

私は1日1時間をかけて単語帳の暗記作業をしていました。計194時間で9割(2160単語)覚えた計算になります。

つまり,中長期的に見れば1時間で11.13単語を暗記できることになります。したがって,英単語帳2400単語を覚えるには216時間要することになります。

*もちろんこれは私の経験であり,個人差はかなりあると思います。暗記は得意不得意があると思うので,自分の状況に合わせて計算のパラメータを調整しながら算出してみてください。

私の体験談が皆さんの約に少しでも立てればと思います。

それでは勉強頑張ってください。

英検1級に合格!かかる費用は43万!?

英検1級は絶対に誰でも取れます!

英検1級は合格率10%前後の難しい資格試験であることは間違いありません。1級の合格が示すのは,どのような分野の英語でも細部には至らないがある程度理解できることです。(ネイティブの足元にも及びませんよ。)

巷では,「ネイティブでも難しい」「TOEIC満点でも英検は取れない」「大学教授レベルじゃないと取れない!」など過大評価されているのをよく目にします。

しかし,そのどれもが合格者がマウントを取っているだけ,もしくは合格を諦めた人の言い訳なので無視しましょう。

自分は情報系出身で英語専攻ではありません。しかし,6ヶ月間1日もサボらずに集中して,コツコツ勉強した結果ギリギリで合格することできました。ギリギリで合格したということが非常に重要で,最低限の勉強でコスパよく合格できたと言えます。

コスパといえばお金。普段あまり考えられない英検1級取得の金銭的なコストについて計算したいと思います。

(勉強期間:2019/3/26 ~ 2019/10/6,194日間)

結論:43万かかる!

自分の場合ですが,勉強時間,教材費,受験料等々,合計で約43万円の費用を要しました。内訳は以下の通りです。時々,自分のところに英検1級はどうやったら取れるかなど質問をしてくれる方がいますが,勉強を始める前に費用対効果を考えたほうが良いのかもしれません。

項目金額
人件費409,125
受験料10,000
教材費9,460
合計428,585

そうなんです95%人件費なのです。これはもちろん自分の人件費です。人件費は単純に勉強時間×時給(1500円)で計算しています。

なぜ1500円かというと英検1級を受験する人の大部分は,すでに準1級を持っている人と仮定しています。そのレベルがあれば,バイトで最低でも時給1500円は稼げるはずです。

それでは,何にどのくらい時間を使ったのかを以下にまとめます。

①単語学習(29.1万円)

1日1時間×194日=194時間, 194時間×1500円=291,000円

②過去問(5.9万円)

過去問:1回2.25時間×7回=15.75時間, 15.75時間×1,500円=23,625円

復習:1回4時間×6回=24時間, 24時間×1500円=36,000円

過去問+復習:59,625円

③ライティング対策(1.3万円)

1回 0.75時間×12回=9時間, 9時間×1500円=13,500円

④2次対策(4.5万円)

1回 2.5時間×12回=30時間, 30時間×1500円=45,000円

どうですか。かなり高額ですよね。これが社会人になるとより時給が上がり,より人件費が高くなります。一度,英検1級を本当に取る必要があるのかを考えたほうが良いのかもしれません。

40万あったら何ができる

英検1級の勉強をせずに,その時間すべてにバイトを入れていれば通帳に40万入っています。そう考えるとどうでしょうか。本当に英検1級を取りたいですか。取らなければいけませんか。40万あれば他にできることはたくさんありますよ。

ヨーロッパに2週間旅行するのも良い,ハワイでショッピングすることだって!中古車を買って遠出したっていいじゃないですか。旅行の記録に高いカメラとレンズも買える。iPhoneだって4台も買えちゃう。かっちょよい腕時計も買えるかもしれない。

それでもあなたが英検1級を受ける理由はなんですか。

英検1級に合格!無料サービスを使ったライティング対策

英検1級をこれから勉強しようと思っている方,対策中の皆様ようこそ。

英検1級でネックとなるのがライティングだったりします。ライティングの対策方法は他のブログでも散々紹介されています。

しかし,ここではわこう流の無料サービスGrammarlyとLang-8を駆使した対策方法とその他に実践した対策を紹介したいと思います。

実践したこと

まず始めに私が実践した2つの対策を紹介します。

出題されるトピックの把握

これから英検1級を受けようと思っている方は,過去にどのようなトピックが出題されたかご存知でしょうか。また,傾向としてどのような分野で,どのようなトピックが出題されるか分析しているでしょうか。

まだしていなければ,過去問を研究して私なりに分類して傾向を把握しておきましょう。

せっかくなので私が整理した一部だけを紹介します。分野の振り分けは自己流なのでツッコミどころがあるかと思います。

グローバル化
2013-1 Do multinational corporations play a positive role in today’s world?
2014-1 Do the benefits of free trade outweigh the disadvantages?
2017-3 Should Japan rethink its relationship with the United States?

環境,資源,燃料
2012-1 Can the global demand for water be met in the future?
2014-2 Can the global food supply be ensured in the coming decades?
2015-3 Will fossil fuels such as oil and gas still be the world’s main source of energy in the coming decades?

法整備
2009-3 Gambling should be banned.
2010-3 Are prisons an effective way to deal with criminals?
2016-3 Should the death penalty be banned in Japan?

この他にも世界平和・戦争・核,科学技術・研究,貧困・移民,教育,スポーツなどなど出題されています。

知識をつける

さて,出題されるトピックの一部をご覧いただきましたが,いかがでしょうか。短時間で3つの理由を構成して英作文できそうなトピックはどのくらいあったでしょうか。

明らかに背景知識や時事問題への関心がないと書けない問題があったはずです。ここでは,時事問題の知識を浅く広く身につけられるサイトを一つ紹介します。それはNHKの就活応援ニュースゼミ 時事問題マスターです。

就活生向けに書かれている解説サイトですが,読み手が何もわからないことを前提に書かれているのでかなりわかりやすいです。必ず読んでください。

もう一つ行ってほしいことは,時事問題マスターで読んだ内容に関連するニュースを英語で読むことです。そうすることで,そこで使われている単語や表現が理解できると思います。それらをライティングで使えるようにしましょう。

正しい文法で書く練習

どのようなトピック・分野が出題されるか分かり,それに関する知識と単語がわかる。次のステップはそれらを利用して作文する力です。

私がおすすめするのはGrammarlyとLang-8です。Grammarlyは英文添削サービスで機械で英文のミスをチェックしてくれます。Lang-8は言語学習のためのコミュニティサイトでネイティブのボランティアが添削してくれます。

おすすめは,英作文をした後にGrammarlyで機械的に単純な文法のミスや冠詞のミスなどを取り除き,その後にLang-8でネイティブに添削してもらうことです。

どんな感じで使うのか一例を載せておきます。これは核の使用について書いたものだったと思います。

Grammarlyの例

見ての通り主語”Japan”に対する動詞がexportsになるべきどころが (三人称単数現在)exportになっている単純なミスですね。他にもIn additionは冗長だからAlsoに直したら?など機械的な指摘をしてくれます。

Lang-8の例

これはネイティブがコメント付きで添削してくれた例です。このように細かい解説をつけてくれることもあります。ここで指摘してもらったのは,日本語では「核(原子力)を使って発電」はおかしく聞こえませんが,英語のnuclearは形容詞で原子力の意味では使えないと教えてくれました。

Grammarly → Lang-8の順番で添削をするのが良いです。

ちなみにLang-8はプレミアムプランがあり,加入すると高確率で添削を受けることができます。(誰も添削してくれないこともあるんです!!!)逆に,無料プランだと添削してくれなかったり,添削がつくまで時間がかかったりします。

やらなくて後悔していること

上記の私流の対策をした結果,英検1級のライティングのスコアは66点でした。合格はしたものの点数は低い。原因を分析した結果おそらく以下の2つが考えらます。

長期間の情報収集

英検1級のライティングでは,あるトピックに対して3つの理由を書く必要があります。書けるネタが少ないと,それぞれの理由で似たようなことを書いてしまいます。

なので上記した時事問題マスター等での情報収集をより長期間やるべきだったと反省しています。

文法表現の拡大

Grammarly+Lang-8の訓練を経て,ミスの少ない英文を書けるようになったのは間違いありません。しかし,文法の豊富さ(バラエティ)のような項目で減点されていました。

つまり正確には書けているが,単調な文法表現を繰り返しているということだと思います。

これは私の書ける文法のみで練習していたからだと考えられます。したがって,これから受験する皆さんには,ライティングの対策書のようなものを購入して模範解答で使用されている表現を真似して自分のものにする訓練をしてほしいと思います。

以上ですが,何かより知りたいことがあれば個人的にコンタクトを取って頂ければ対応します。

英検1級の面接対策はダルい!Webサービスで解決したい

英検1級の1次試験に合格すると,次に待っているのが2次対策。

1次試験が終わった開放感に浸っていると2次対策なんてしない。

そうすると,結果発表から2次試験までは2週間程度しかない。で,対策を始めて見るとこれがダルい・・・・。

2次対策がダルい4つの理由

模範解答が難しすぎる

多くの人は2次対策用に何かしら対策本を購入するかと思います。私はこれを買いました。

【CD+DVD付】14日でできる! 英検1級 二次試験・面接 完全予想問題 (旺文社英検書)

トピックは標準的なものでしたが模範解答が難しすぎました。いや・・・。お前超人ネイティブかよ。

使われている単語のレベルも内容も,1分の準備では思いつかないようなものばかりです。

練習問題の数が少なすぎる

上で紹介した本には練習問題が14問しかありません。浅く広くカバーしているので,本番で少し外れた問題が来たらちょっと対応できないかも知れません。

「初めて見る問題で焦る→準備する→なんとか話す」。このフローが結構大事なのではないかと個人的には考えています。

問題を出してくれる人がいない

一人で練習していれば当たり前です。模擬面接をしようと思っても自分で問題を選ぶということは出題内容がわかっています。意味がありません。

まぁこれはなんとか対策できます。複数のサイトから問題になりそうなサンプル問題を集めてきて,無作為にで5問ピックアップ。

スプレッドシートで簡単にできるけど面倒。あ,それに時間も自分で計測しないといけないし。

出題内容に関して知識がない

5問選択肢があれば一つくらいは前提知識なしで対応できる問題があるかと思います。または自分の得意(専攻)分野であればその方に誘導すればいいと思います。

しかし,問題なのは選択肢の中に自分の対応できる問題がなさそうな時。焦る。

だって,働き方,若者の価値観,民営化のメリット・デメリット,インターネットの検閲,共通通貨の是非,国際情勢,オリンピックの主催・・・・・。

いや,日本語でも2分スピーチできるかぁ?

まとめ → 解決策

  • 模範解答が難しい → 簡単な模範解答を作る
  • 練習問題が少ない → 問題を大量に作る
  • 問題を出してくれる人がいない → 出題を自動化する
  • 内容に関して知識がない → 最低限の時事知識をまとめる
  • 時間を測ってくれる人がいない → 時間を自動で測る

Webサービス化する

この不満はチャンスなのかもしれません。抱えている課題も把握できているし,解決策も思いついている。じゃぁアイディアを形にするだけで良い。

以下は完成イメージで実装は全然してません。

5つの問題を自動で適当に(分野の偏りがなく)選んで表示する。制限時間の1分を計測し,問題を選択する。

問題を選択すると,5つの適当な質問をしてくれる。

難しすぎない模範解答を表示。時事問題なら必要な知識を簡単に提供する。

あれ,これバーチャル英検じゃん。

これ作りきれるかな・・・・

多分インターフェイスもこだわらなければ適当なhtml, css, javascriptあたりでサンプルコピーしまくれば形にはなりそう。

問題と質問と模範解答のDBも別にそんなに複雑じゃないし。

あ,あとは模範解答作りそのものをやらないといけない。時事問題のまとめを提供するのも自分がまず勉強しないと行けないな。

英語のライティングが不自由なくできて,プログラミングも多少できる人いないかな。。。。

ちょっと作った

https://twitter.com/rinehart613/status/1206434073754734593